PEOPLE

Art Producer/Planner

佐藤 千穂

幼い頃からテレビやイベントで目にする出演者よりも、その背景や映り込むものに興味があったという直感的な興味を動機に、一般大学から新卒で民放某TV局の美術関連会社に入社。20代はテレビ美術におけるアートプロデューサーとして、様々な人気番組のスタジオセットや、大道具、小道具に至るプロデュースを経験する。2016年に一念発起し独立。HANGOUT COMPANY所属の美術プロデューサーとして、店舗・イベント・展示会のアートディレクションを手がける。美術専門学校の講師としての顔も持つ。

< MUSIC FESTIVAL>
・CORONA SUNSET
・BACARDI Over the Border
・Rollingloud
・AOSHIMA BEACH PARK FES
・ベイクルーズ フェス(BAYCREW’S FES)
・Dewar’s Highball Crossing Festival

< EVENT>
・NBAパブリックビューイングパーティpresented by Rakuten TV
・NIKE WHYNOT TOUR
・Reebok CLASSIC presents ~FUTURE NOSTALGIA~
・CORONA WINTER SAUNA SHIMOKITAZAWA
・WINTERCUP 2018 NIKE / AIR JORDAN BOOTH
・名古屋ウィメンズマラソンEXPO New Balance ブース
・NBA JAPAN GAMES 2019 Presented by Rakuten LIVE VIEWING PARTY at 渋谷

<SHOP/RESTAURANT>
・函館蔦屋書店 × KALDI
・NIKE WHYNOT TOUR
・代々木 VILLAGE ORANGERY GARDEN
・代々木VILLAGE by kurkku「STELLA by STARLIGHT」
・Whomee
・ラフォーレ原宿 pop up shop
・Hoegaarden BEER GAARDEN
・Hoegaarden The Gaarden
・Kipling(キプリング)ポップアップストア
・@cosmeベストコスメアワード2018

<PARTY>
・LANVIN en Bleu
・MERCURYDUO
・New Balance GREYDAY
・ellesse HERITAGE 2019

<EXHIBITION>
・SONY TOKYO MONOCHROME
・資生堂
・PANDORA
・MARY QUANT

<VIDEO>
・映画「ラ」
・LINE CM
・ドラマ「恋するための8つの法則」

<ORIGINAL PROPS>
・Red Bull 5G
・ZIMA
・Dolce&Gabbana
・Tiffany

<STUDIO>
・鈴木伸枝主宰ヨガスタジオ
・ポスト よしもと

<LECTURER>
・東放学園講師
etc.

VISITED INSTAGRAM PROFILE PDF

美術プロデューサーの枠を超えて、
さまざまなフィールドに果敢に挑戦する女性。
常に忙しく動き回る彼女に、
変化と進化を続ける原動力は何たるかを聞いてみた。

フェスやイベントといった比較的大規模な空間の美術を担当することが多かったのですが、コロナ禍で激減。最近はオファーをいただくプロジェクト内容も変わってきました。
中でも印象的な案件だったのが、長野県白樺湖で行われた野外イベント「湖畔の時間」です。
白樺湖周辺の事業者や自治体からの相談で、湖畔で過ごす魅力的な時間をテーマに美術装飾をしました。飾り立てて景観を崩すのではなく湖畔がより引き立つように考えて、夜の月明かりを邪魔しない電飾を入れたり。
入れ過ぎて自然の夜景が台無しになっても行けないので、星が見える程度に少なくしたりと、都会とは一味も二味も違う引き算の装飾ができたのはとてもいい経験になりました。
今までは、いかに足して装飾するかという仕事が多かったのですが、引き算をすることで際立つ本来の良さがあることを知ることができたのです。
当たり前の枠にとらわれず、今後もどんどん新しいプロジェクトに挑戦していきたいと思っています。

最近は、専門学校で美術スタッフマネジメントを教える講師もやらせてもらっています。
卒業した教え子が現場に来て楽しそうに働いているのを見ると、お引き受けして良かったなとつくづく思えるんです。
今後は大学で教鞭を取ってみたいなとも感じるようになりました。
わかりづらい美術プロデュース全般の仕事がどんな内容かを見える化して、将来一緒に働ける同志を増やせたらとても素敵だな、と考えています。
学生の頃から漫画『働きマン』に影響を受けて自立した女性に憧れを持って生きてきたのもあって、自己肯定をしたくて仕事を続けているのかもしれません。
例えるなら水中で足をたくさん動かして頭を水面に出し続けている感じ。
そうすると気持ちが妙に落ち着くんですよね。忙しい自分に日々、満たされています。

PREVIOUS INTERVIEWS (PDF)
CONTACT US Back to Top