PEOPLE

美術プロデューサー/プランナー

佐藤 千穂

誰もが知る国民的人気番組の数々で「美術プロデュース」を全面的に担当。長年にわたりテレビ業界で培ったバイタリティと、独自の世界観を持つ。2017年、活躍の場をさらに広げるために独立。
広告や映像、大手ブランドのパーティや展示会など、テレビの枠を超え、新たなムーブメントを生み出し続けている。


< MUSIC FESTIVAL>
・CORONA SUNSET
・BACARDI Over the Border
・Rollingloud
・AOSHIMA BEACH PARK FES
・ベイクルーズ フェス(BAYCREW’S FES)
・Dewar’s Highball Crossing Festival

< EVENT>
・NBAパブリックビューイングパーティpresented by Rakuten TV
・NIKE WHYNOT TOUR
・Reebok CLASSIC presents ~FUTURE NOSTALGIA~
・CORONA WINTER SAUNA SHIMOKITAZAWA
・WINTERCUP 2018 NIKE / AIR JORDAN BOOTH
・名古屋ウィメンズマラソンEXPO New Balance ブース
・NBA JAPAN GAMES 2019 Presented by Rakuten LIVE VIEWING PARTY at 渋谷

<SHOP/RESTAURANT>
・函館蔦屋書店 × KALDI
・NIKE WHYNOT TOUR
・代々木 VILLAGE ORANGERY GARDEN
・代々木VILLAGE by kurkku「STELLA by STARLIGHT」
・Whomee
・ラフォーレ原宿 pop up shop
・Hoegaarden BEER GAARDEN
・Hoegaarden The Gaarden
・Kipling(キプリング)ポップアップストア
・@cosmeベストコスメアワード2018

<PARTY>
・LANVIN en Bleu
・MERCURYDUO
・New Balance GREYDAY
・ellesse HERITAGE 2019

<EXHIBITION>
・SONY TOKYO MONOCHROME
・資生堂
・PANDORA
・MARY QUANT

<VIDEO>
・映画「ラ」
・LINE CM
・ドラマ「恋するための8つの法則」

<ORIGINAL PROPS>
・Red Bull 5G
・ZIMA
・Dolce&Gabbana
・Tiffany

<STUDIO>
・鈴木伸枝主宰ヨガスタジオ
・ポスト よしもと

<LECTURER>
・東放学園講師
etc.

VISITED WEBSITE PROFILE PDF

華やかな容姿と仕事への積極的な姿勢、そして実力に定評のある美術プロデューサー。美術と聞くと TV番組のセットを思い起こすが、それもそのはず。独立前には数々の国民的人気番組のセットをいくつも担当した経歴を持つ。敷居の高い職人の世界と思われがちな美術の世界。聞きなれないその仕事内容と今後目指すところを聞いてみた。
Artistic producer who has the reputation for her gorgeous appearance, passion, and the quality of her work. Her title as “Artistic producer” might remind you of television set production, and in fact she has the background of managing set production of various Japanese renowned TV programs.

今の職に就く原体験は裏方に憧れたことでした。幼少期からピアノをずっと習っていたのですが、発表会でステージに立つよりも舞台裏で積まれている平台やPAさん、進行さんの仕事ぶりを見るのが好きでした。子供の頃、VHSをレンタルして家で映画を観ても本編よりもメイキング映像が好きで『ジュラシックパーク(1993)』もまさに特典映像に興奮を覚えました。もう一つは母の影響。茶道と着付けの師範で毎週のように花や絵を変えて家のあちこちをショーウィンドー化して飾っていたんです。そんな影響もあってか、就職活動では”クリエイトする仕事”をテーマに約40社にエントリーシートを出しました。そして就いた職が日本テレビの美術プロデューサー職。その時は美術ってなに? という無知の状態だったんですがこれも縁ですね。美大も出ていないし受からないだろうと思っていたんですが、よかったです。そこで出会った方たちと今もお仕事ができています。

“Excitement to be behind the scene”
Back in her childhood, she was attracted by the backstage. She used to play the piano on stage, but it was more fascinating to look at how the sound engineers, stage director are working at the backstage. She liked to watch movies on VHS, but what excited her was the making scene. Her favorite was the bonus footage of “Jurassic Park (1993).” In addition, her mother influenced her. Chiho’s mother is a master of tea ceremony and kimono dresser, and every week she used to decorate the house with flowers and arts like a show window. After graduating from university, she applied to 40 companies where she thought she could be engaged in “creation”, then she got the position of art producer at Nippon Television Network Corporation. “I had no idea about art producer at that time, and I didn’t think I was qualified as I was not a graduate of an art university, but it must have been a fate.” she says. She is grateful that she still keep in touch with the colleagues from Nippon Television, and still work with them in various projects.

実はいま週に一度、TV美術の専門学校の講師もしているんです。最初にお話をいただいた時は私にできるかなと不安がよぎったんですが、なかなか学生と交流する機会もないし情報のギブ&テイクができるだろうと思ってすぐにやってみようというマインドに変わりました。中国やシンガポールからの留学生も多く、教えていると逆に学ぶことも多くてとても面白いです。わたしは常に刺激を求めるタイプで当面の目標は、海外で自分のスキルを試しながらグローバルな経験を積むこと。先日まずはタイへフラワーアレンジメントを学びに行ったんですが、韓国出身の先生に出会いレッスンを受けた流れでバンコクでの店舗やオフィスの装飾をすることになりました。行動って起こしてみるものですよね。この他にも美術館の計画や公園の設計というパブリックなプロジェクトにも携わることも夢のひとつ。「足踏みしていても靴底は減る」という言葉が好きで、目標を掲げてそれをクリアするために今後も前進し続けたいと思っています。

“Taking action is the key”
She teaches at a TV art production college once a week. She was not confident when she received the offer as a teacher, but she soon changed her mind to give it a try. “There is little opportunity to communicate with teenagers, and I thought I could acquire new information” she recalls. In fact, there are many exchange students from China or Singapore in her class, and she is learning from them by teaching them. She is always hungry for new stimulation, and her immediate goal is to gain global experience. The other day, she went to Thailand to learn flower arrangement from a Korean teacher. To her surprise, the teacher gave her an offer to decorate some shops and offices in Bangkok after the lesson. “Another dream is to take part in public projects such as parks or museum.” she says. “I like the proverb Shoe sole wears out even while you are stepping. I am going to do my best to achieve my goals.”

美術プロデューサーとは、様々な職種のプロフェッショナルにお声がけをしてチームアップし、予算や進行スケジュールを調整しながらイベントや店舗、展示会やLIVEの空間を作り上げる仕事です。クライアントさんからコンセプトを聞いてゼロから音響や照明も含め他プロデュースをすることもあるし、イメージやデザインが先にできていてその完成品を納品するだけのこともある。また時には自らの手でプロップを製作をしたり現場で装飾を施すこともありますが、これら全ての作業が楽しいです。臨機応変に自由な発想の引き出しを用意して多くの人の力を借りながらイメージを具現化していきます。一番の強みは、TV美術業界で培った多岐に渡る協力会社さんが私を支えてくれているという背景。この世に作れないものは無いと考えています。基本的に空間というものは、人間を除いた眼に映るもの全てが『美術』なので、造作はもちろん衣装から造園・特殊効果や電飾に至るまで全てのものが守備範囲です。もし何か思い描くものを形にしたいな、と思っている方がいればまずは気軽に相談してみてください。予算のかかるイメージがあるかと思いますが、コンサルティングしながら可能性をご提示します。

“The amount of experience is what matters to her output”
Artistic producer’s task is to assign various professionals and form a team, then work on the spacial design of events, shops, expeditions and concerts while arranging budget and managing schedule. In one project she produced everything from scratch, and in another she just created outputs based on client’s design. Sometimes she creates/decorates in the field by herself. She embodies images with her flexible imagination and member’s talent. Her strength is that she has connections with various companies she met during her previous career at Nippon Television. With their help and her expertise, there is nothing she cannot create. Please do not hesitate to contact her if there is any ideas of yours to become true. You might not have the image of the budget, but she can do consulting and seek possibilities together.

WORKS

CONTACT US Back to Top